• キョクトウ高宮
  • キョクトウ高宮
  • キョクトウ高宮
  • キョクトウ高宮

PRODUCT INFORMATION

営業品目

キョクトウ高宮
Scroll

カルバート製品Box Culvert

プレキャストコンクリート ボックスカルバート プレキャストコンクリート ボックスカルバート
RCボックスカルバート
種類が豊富なため、あらゆる場所に対応できます。設計荷重作用時にも、ひび割れの発生を制御できます。 工期の短縮、工程管理も簡素化されます。
PCボックスカルバート
頂版及び底版にPC鋼材をしようしてプレストレス構造にしています。設計荷重作用時にも、ひび割れの発生を制御できます。 強度等ボックスカルバートの諸性能は、工場の試験によって確認することができます。
大型2分割カルバート
2分割のため、運搬およびレッカー作業が容易です。また、工業製品のため、品質(寸法、配筋)管理が容易であり、 工期の短縮や工程の管理も簡素化されます。
DCJボックスカルバート
DCJボックスカルバート[K型][T型]
下水道構造物に耐震性能を確保することが必要とされている中、ボックスカルバートにおいても、経済的で合理的な 耐震機能が求められるようになりました。そこで、ボックスカルバートの継手部指し口に特殊ゴムリングを装着し、継手部を差し込むのみで 耐震、可とう性能に優れた継手構造を有するDCJボックスカルバートを開発しました。 DCJボックスカルバートにはK型とT型の2タイプがあり、用途により使い分けができます。
[K型]可とう性継手付き
K型可とう性継手付きボックスカルバートは、継手部に可とう性を有しているため十分な水密性を確保し、地盤が良い場合には 耐震性能も発揮します。
[T型]耐震性継手付き
T型耐震性継手付きボックスカルバートは、継手差込み長さを長くすることにより、レベル2地振動に対応した耐震性能と 水密性能を有しています。

ELSS Jointエルスジョイント

  • Economy(経済的)
  • Labor Saving(省力化)
  • Speedy(急速)
エルスジョイント

近年、道路橋RC床版の劣化が進んでいることから、取替工事の事例が増えています。

取替用の床版としてはプレキャストPC床版をループ継手で接合する工法が一般的ですが、継手部における配筋の特徴から、施工に多くの時間を要するほか、一度に複数の技能工を要するといった課題があります。

ELSS Jointは床版本体コンクリートより柔らかい充填材料のみで接合することで、安全性・耐久性・走行性・経済性を損ねることなく、ループ継手の課題を解決した、全く新しい床版接合工法です。

従来のループ継手
従来のループ継手
ELSS Joint
elss joint継手

ELSS Jointの特徴

ELSS Jointは、鋼桁や地覆・壁高欄などで車両進行方向に連続支持されているという床版特有の構造特性を生かし、車両進行方向の継手間隔ごとに剛性の低い充填接合部を設けることで、床版構造を車両進行方向と幅員方向の剛性が異なる異方性版にするという点に特徴があります。

異方性版構造とすることで、剛性に低くなる車両進行方向の曲げモーメントを軽減することができ、接合構造を大幅に簡素化できます。

一方で、床版の幅員方向の曲げモーメントは従来床版に比べ増加しますが、プレキャスト床版の補強材であるPC鋼材本数を増すことで床版としての必要耐力を確保できます。

このような従来にない新しいコンセプトを持ったプレキャスト床版の接合技術により、床版更新時の交通規制期間短縮や施工合理化を図ることが可能となります。

橋梁床版更新における課題
1 交通規制の期間を短縮したい。
2 床版のクオリティを向上したい。
3 既設床版のリニューアルを効率的にしたい。
4 メンテナンスを容易にしたい。

課題点を新発想で解決します

1 すぐれた生産性

プレキャスト床版から接合用鉄筋が突出しない構造であり、プレキャスト部材の型枠を簡素化でき、かつ配筋も容易であるため、工場製品としての生産性に優れています。

さらに、現地でのプレキャスト床版の据付作業も鉄筋がないため容易です。

また、継手部の目地幅が狭いため接合部の型枠構造を簡素化できるうえ、配筋作業も不要であり、接合部の施工における労務工数を削減できます。

2 すぐれた施工性

継目部に鉄筋を配置しないためパネル幅自体を運搬可能な最大幅(2.5m)程度まで広げることができることから、プレキャスト床版の必要枚数を標準的なループ継手によるプレキャスト床版工法の85%程度まで減らすことが可能になります。

これにより、プレキャスト床版の架設日数を短縮することが可能となり、現地施工の工程短縮が図れます。

3 すぐれた維持管理性

現行の鉄筋コンクリート(RC)床版と同等以上(100年相当以上)の疲労耐久性を有していることを輪荷重走行試験により確認しています。

また、繰り返し荷重に対して継手部が先行して破壊する機構であるため、床版本体の損傷を最小限に抑えることができます。

さらに、継手部の再施工、損傷した床版のみの取替も可能です。

4 すぐれた品質

継手幅は25mm程度と狭いことから、他の継手構造と比較して高品質である工場製品比率が高くなり、品質に優れる床版が構築できます。

擁壁・山留工earth retaining work

L型擁壁
L型擁壁
前壁がほぼ垂直であるので、土地の有効活用がでます。合理的設計によりシンプルな構造になっており、施工性がよく 経済性にも優れています。また、基礎コンクリートの裾付けのみによる機械施工が行えるため、工期短縮と省略化が可能です。
様々な表面仕上げが出来るため、宅地の差別化が可能になり、景観材としても個性豊かな宅地造成ができます。 フェンスへの取り付けも可能で、転落防止等の配慮が必要な箇所への設置にも対応できるようになっています。
エコボックス
エコボックス
隣接するブロック間に、胴込めコンクリートを打設することで、一体化した強固な擁壁を構築することができる 大型ブロックです。壁高に合わせて最適な断面を選択し、中詰め材を建設残土や砕石等を選択することができます。
エコボックス RE工法
エコボックス RE工法
エコボックスの前面がほぼ垂直になるように積上げ、上段になるほど大きいサイズの製品を使用する擁壁構造です。底版幅が小さくなり地山の 堀削が最小となります。現地発生土を擁壁内に充填するため、土砂の搬入、搬出を最小限に抑えます。埋め戻し作業が殆ど無く、経済的です。
ビオトーン
ビオトーン
表面の擬石模様の間に設けられた開口部は穴居性生物の住居や緑化面積の拡大などに、背面部の穴は地下水脈との通水性に 配慮しており、豊かな河川環境を保全することができます。魚巣または緑化の機能を持った製品を選択でき、幅広い用途に対応 します。

その他

その他営業品目

■水路製品

・出張開渠
護岸・河床・車道用張出を一体化する工法で、車道の拡幅を容易に行える構造です。
■道路用製品
・床版
・プレキャスト遮音壁
■魚礁
・MT/リーフ<大型礁タイプ>
・MT/リーフ<増殖礁タイプ>
認定品目

⑴ 日本工業規格表示認定工場 (認証番号)GB0608040

日本工業規格認定番号:JIS A 5372

(プレキャスト鉄筋コンクリート製品I類)

⑵ 日本建築総合試験所 PCa生産技術性能証明

GBRC 生産技術性能証明 第17-015号

⑶ 全国宅地擁壁技術協会擁壁構造認定工場

関連会社

  • Br.ホールディングス
  • 極東興和株式会社
  • 東日本コンクリート
  • ケイエヌ情報システム
  • 豊工業株式会社
topへ戻る